NEWS&BLOG

お知らせ / ブログ

ブログ

2019.09.02

すべてのものは2度つくられる(スティーブン・R・コヴィー博士)

1つの言葉を紹介したいと思います。

~すべてのものは2度つくられる~

これは、スティーブン・R・コヴィー博士によって書かれた本、
7つの習慣』に出てくる一節です。

『7つの習慣』は人生を幸福に導く成功哲学として広く知られ、ビジネスのバイブル、人生のバイブルとも称される非常に有名な本です。

私自身も、何かに迷ったとき、そして、原則に立ち返りたいと思ったとき、
この本を読み返しています。

『7つの習慣』の「第二の習慣:目的を持って始める」の中に、この一節が出てきます。

~すべてのものは2度つくられる~

要約するならば、
「すべてのものは、まず『頭の中』でつくられ、その後、『かたちあるもの』としてつくられる」
ということです。

例えば、モノづくりを例に話しを進めます。

「こういうものがあったら便利だな」

「こういうものがあったら、多くの人の役に立てるはずだ!」

「こういうものを通じて、多くの人の人生を幸せにしたい!」

頭の中に浮かんだイメージや想像をより鮮明にするために、
まず、私たちは『絵』を描きます。

『絵』、つまり『設計図』です。

その後、『かたちあるもの』として創られ、多くの人の手に届きます。

「まず『頭の中』でつくられ、その後、『かたちあるもの』としてつくられる」

このプロセスは、「モノづくり」だけに当てはまる訳ではありません。

営業にも当てはまります。

営業の仕事をする前に、『設計図』を描きませんか?

ゴール

つまり、
営業の仕事をする『目的』を明確にし、
『ゴール』を設定する、
方向性を描き、計画を立てていきましょう。

ぜひ、想像を膨らませてください。

一歩ずつ

「どのようにお客さまとコミュニケーションしよう?」

「そもそも、どんなお客さまがいらっしゃるのか?」

「お客さまは、どんなことで悩んでいるのか?」

「お客さまは、何を望んでいるのか?」

「お客さまの情報やニーズをどのように収集していこうか?」

「どのような質問をしたら、お客さまは答えて下さるのか?」

ぜひ、想像しながら、設計図を描きましょう。