NEWS&BLOG

お知らせ / ブログ

ブログ

2020.01.14

手柄を横取り!?営業への不満(女性営業・金融機関・預かり資産営業編)

2017年4月〜2018年2月まで、

金融業務の総合ナビゲート誌『近代セールス』にてコラム担当をしておりました。

私が営業を行う上で大切にしていた11項目を文章にさせて頂いたものです。

この度、

【女性行員のお悩み相談クリニック〜ココロとカラダの処方箋〜】

11回分をリライト・掲載させて頂きます。

========================

女性行員のお悩み相談クリニック
~ココロとカラダの処方箋~


近代セールス201705


 

第2回
手柄を横取り!?営業への不満


【今回のお悩み】


新入生

私は窓口担当です。

先日、営業担当が会いたがっていた大口先が来店されました。

会話が弾みキャンペーン商品を提案すると、興味を示されたので営業担当にトスアップしました。

すると、数日後の朝礼で「〇〇さんが大口先からの契約をいただきました」と発表が!

私がきっかけのはずなのに(怒)。


これってひどくないですか?


 

【処方箋】
日誌をきちんと書いてトスアップの経緯を示そう


 

喧嘩

心穏やかではないですね。

今回は、窓口担当者と営業担当者間の「トスアップ=情報連携」に関するお悩みです。

今回のお悩みを読んで、「あるある!」と頷いている窓口の方、そして、「ギクッ!思い当たる節が・・」という営業の方、いらっしゃいますよね?

 

以前、「窓口と営業の連携強化」の研修依頼をいただき、それぞれに正直な気持ちをヒアリングしたことがあります。

双方の主張は以下のとおり。

 

≪窓口担当者はプリプリ!≫


プリプリ

トスアップしたのに、営業からは感謝の言葉もフィードバックもない!不満!

自分だけの手柄にするような営業担当に協力したくない!

 

≪営業担当者はイライラ!≫


イライラ

的外れなトスアップが多い。

もっと精度の高いトスアップが欲しい!

 

■感謝の気持ちが伝われば窓口も協力的になる


私の持論ですが、

窓口と営業の関係がうまくいっていると支店の数字が伸び、


逆に関係がギクシャクしていると数字は伸びません。


大切なのは「窓口VS営業」という対立構造のにせず、お互いに気持ちよく仕事ができること。

そのために、3方向へアドバイスを送ります。

 

・窓口の皆さんへ


日誌を書く

日誌をきちんと書きましょう。

お客さまとの会話内容やトスアップの経緯など、記録を残さないと周囲には伝わりません。

 

・営業の皆さんへ


気持ちを伝える

「ありがとう」と気持ちを伝えて下さい。

そのひと言だけで窓口担当者の気持ちが救われます。

外出した帰りにお菓子を買って来るなど感謝を形で示すのも良いですね。

トスアップの精度については、「こういう情報をトスアップしてほしい」と具体的に伝えましょう。

 

・支店長、課長など役席の方へ


聴く

窓口の「聞こえない声」に耳を傾けてあげてください。

 

人間は感情の生き物です。


一致団結

支店全体で「愛」をもってお仕事してくださいね。

 

近代セールス掲載ページはこちら


近代セールス第二回

========================

数あるサイトの中から、こちらをご覧頂き、ありがとうございます!

株式会社A.Styleの髙橋彩です。

普段私は、金融機関(銀行、信用金庫、生命保険会社など)にて、営業研修をしたり、雑誌のコラムを書いたりしています。

特に、こちらのブログは、
金融機関:銀行、信用金庫、生命保険会社など
で預かり資産営業をしている皆さまにお役に立てるかと思います。

どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。